ABシステムソリューション
RECRUIT 2021
ENTRY
塚本 直輝

塚本 直輝

TSUKAMOTO NAOKI

2015年 新卒入社

チェンサポート部

新しい分野に挑戦してきた、
頼れる先輩方がたくさんいる。

塚本 直輝

オートバックス × 富士通という安心感。

仕事内容を教えてください。

RPAというソフトウェアのロボットで、お客様であるオートバックスセブン様の業務を自動化するという仕事をしています。(RPA:人の判断を必要としない、機械的に判断ができる定例作業を自動化できる仕組み。)オートバックスセブン様の様々な部署でこのシステムが動いていて、年間で換算すると、手作業の場合約6500時間分かかる業務を自動化しています。

入社の動機、決め手を教えてください。

初めはシステム業界に絞って仕事を探していた訳ではなく、飲食系の企業を考えていました。ですが大学の頃に少しだけ学んでいたプログラミングが面白かったことを思い出し、その後はIT業界に絞って就職活動をしていきました。入社の決め手は福利厚生が手厚いという点です。残業代が分単位で出ますし、休みも取れますし。あとは、オートバックスセブン様という大きなお客様がいて、且つ富士通グループであるという安心感もやはり大きいです。気に入っている福利厚生は「カフェテリアプラン」ですね。

困難だと思っていた年間目標を達成し、成長を感じた。

入社してから「成長した」と実感したことは?

もともとは物流システムを4年半担当しており、その後RPAチームに移りました。物流の時はお客様からのお問い合わせ対応をしていたのですが、難しかったです。お問合せをいただいても分からないことが多く、よく先輩に質問して回答していました。その後徐々に自分一人で対応出来るようになっていった時に成長を感じました。RPAに移ってからの話をすると、前期の年間目標が「5000時間削減」だったのですが、個人的にこの目標はかなり難しいのではと感じていたんです。ですがどうにか無事達成でき、その時は「やりきったな」という感覚がありましたね。

仕事を通して経験した嬉しかったこと、やりがいを感じたことは何ですか?

お客様から「助かった、定例作業から解放されて楽になった」という声をいただけると嬉しいです。お客様が同じビルの3階におり距離が近いので、直接そういった声を聞くことができるという点はやりがいを感じます。そこから信頼関係が生まれて、また別な業務についてのご相談をしていただけたりするとさらに嬉しいですね。

塚本 直輝
塚本 直輝

普段のお客様とのコミュニケーションからヒントを得る。

仕事の大変さ、難しさは何ですか?

新しい技術を学ぶ時は、当然最初は難しいなと感じますね。特にRPAについて言うと、学び始めた頃は社内に先駆者が居なかったので…自分で開拓していかなければいけないという点は大変でした。無料のセミナーに行ったり、RPAを販売している会社のサイトにあるQ&Aぺージを見たりして勉強しました。少しずつ理解が進んでくると面白くなってきましたね。

仕事で大切にしている事は何ですか?

お客様視点で考える事です。自分達はシステム会社なのでシステムを把握していますが、お客様はそうではないので、お客様との普段のコミュニケーションをヒントに「こういう点が不便なのではないか」と予想をして、「こうすると楽ですよ」という提案ができるよう心がけています。まずお客様の業務の分析をして、どこまでABシステムソリューションが介入していくのかを決めていく過程も大切です。

会話が多く明るい会社。

社風について教えてください。

上司や先輩にも相談がしやすく、風通しがいい職場だと感じます。RPA事業を開始した頃は、RPAについての知識はなくとも新しいものを立ち上げて運用してきた経験のある先輩方がたくさんいらっしゃるので、そういった共通の視点でのアドバイスをいただくことができ、様々な気づきがありました。入社前はシステム会社というとメールでのやりとりばかりのイメージがありましたが、会話が多く明るい会社だと思います。

今後の目標を教えてください。

自分がRPA担当だからRPAの相談だけという訳ではなく、その他の業務に関わる些細なことでも相談してもらえるような社員になりたいと思っています。

皆様からのご応募、心よりお待ちしております。

ENTRY