ABシステムソリューション
RECRUIT 2021
ENTRY
野崎 絃矢

野崎 絃矢

NOZAKI GENYA

2018年 新卒入社

開発センター

風通しがよく、
先輩方や若手の仲間と
一緒に頑張っていける。

野崎 絃矢

入社の決め手は充実した研修制度。

仕事内容を教えてください。

物流システムのプロジェクトで、Javaを使い開発を行っています。プログラムを書くだけでなく設計から携わっているので、ドキュメントを作ったりもしています。

入社の動機を教えてください。

もともとは公務員や不動産など様々な業界を視野に入れていました。ですがABシステムソリューション(以下ABSS)の会社説明会で「IT業界はモノづくり要素があって楽しいよ」というお話を聞き、興味を持つようになりました。IT業界というと1日中PCと向き合ってもくもくとプログラムを書き続けるイメージがありましたが、うちの場合はそういう人も居ればそうではない人も居て、そこを自分で決められるのが良いところだと思っています。最終的な入社の決め手は、富士通の新人研修が充実しているという点です。

自分が作ったモノが動くとやはり嬉しい。

入社してから「成長した」と実感したことは?

入社してからしばらくは次期情報基盤というプロジェクトでSQLを扱っていたため、今その時の知識が生きてきているという実感があります。自分はお客様と直接の関わりはなく開発がメインのポジションで、日々プログラミングスキルの成長を感じています。

仕事を通して経験した嬉しかったこと、やりがいを感じたことは何ですか?

自分が作った処理が正常に動いた時や、モノが完成した時はやはり嬉しいです。入社して2年目ということもありまだまだ勉強中の身なのですが、一緒に働いている若手と一緒に手探りで業務を進めていきながら成長できていると思います。

野崎 絃矢
野崎 絃矢

自分本位で動かないことが大事。

仕事の大変さ、難しさは何ですか?

やはりこの業界は膨大な知識が必要なので大変だなとは思います。打合せの時も専門用語を知っていないと話に入っていけなかったりしますし…。データベースを触ることもあるのですが、物流システム独自の聞きなれない言葉もあったりして難しいです。

仕事で大切にしている事は何ですか?

自分本位で動かないことを心がけています。特にコードを書く時は、他の人から見た時にも分かりやすいように、後で改修しやすいように書くことを意識しています。Javaを使っているのは今年に入ってから約半年程で、壁にぶつかることも多いです。そういった時はエラーコードを読み、ひたすら調べて、色々な角度から「こうしたらどうだろう」と考えて、という作業を繰り返すようにしています。

先輩方のようなプロジェクトリーダーになりたい。

社風について教えてください。

入社前から聞いていたとおり、風通しが良いです。上司の方々とも気軽に話しやすいですし、自分が所属している開発センターでは若手同士で教え合ったりもできているので、働きやすいです。

今後の目標を教えてください。

5~10年後には、プロジェクトリーダーができるようになっていたいです。先日飲み会の時に、担当部長の方から「後々プロジェクトリーダーをやりたいなら、まわりの先輩方の仕事をよく見て、自分が30代になった時に同じことができるようになっているかを見据えて目標をたてていった方がいいよ」といったアドバイスをいただきました。まわりに目標となる先輩方が居る今の環境はとてもありがたいです。

学生さんへのアドバイスをお願いします。

文系出身でもABSSは研修制度が充実していますし、研修後もまわりの先輩方が教えてくださるので、頑張っていけます。ぜひご応募お待ちしています。

野崎 絃矢

皆様からのご応募、心よりお待ちしております。

ENTRY