ABシステムソリューション
RECRUIT 2021
ENTRY
小林 万輝

小林 万輝

KOBAYASHI KAZUKI

2013年 新卒入社

フロントソリューション部

自ら提案して、
新しいことに挑戦していける場所。

小林 万輝

システムと車の両方に携われるという点が魅力的だった。

仕事内容を教えてください。

現在は、オートバックスセブン様に最新技術を使った業務改善のための施策を提案するという仕事をしています。業務改善の他、「こういったものがあったら便利ではないか」という新しい仕組みを考えることも自分の役割です。そのためにセミナーに行って情報収集をしたりしています。実際に、自部門で提案したAIを使った動画分析の施策が形になった例もあり、現在オートバックスの店舗で導入を目指し、結果分析を行っています。

入社の動機、決め手を教えてください。

入社したのがもう7年前になるのですが、当時からシステム屋さんを目指していたのでその方向一本で就職先を探していました。やはり富士通とオートバックスというバックボーンに惹かれたという点が大きいです。もともと富士通が好きで、富士通系列の会社を受けていました。オートバックスも大学の頃から車に乗っていたこともあり利用していたので、システムと車の両方に携われるという点に魅力を感じABシステムソリューション(以下ABSS)への入社を決めました。

6年間会計システムを担当したのち、現在のポジションへ。

入社してから「成長した」と実感したことは?

今のフロントソリューション部所属になる前は、6年間会計システムの運用の仕事をしていました。新しい機能を増やしたり、バグの改修が必要になったりした時はプログラムを書くこともありました。ですので技術的な面の成長はもちろんですが、会計についての知識や、オートバックスセブン様の商流についての知識もつきました。簿記の資格をとったりもしましたね。今の仕事も楽しいです、新しい技術をどんどん取り入れていく部門なので。会計の仕事の時に使ったSQLの基礎知識などは今も役に立っています。

仕事を通して経験した嬉しかったこと、やりがいを感じたことは何ですか?

会計の運用業務をしていた時からそうですが、やはりお客様から感謝してもらえる時が嬉しいです。例えば、相手の方から「ここがよく分からないのだけど」とご相談いただい時に、より分かりやすいよう図に起こして説明をしてみたら「よく分かりました、ありがとう」と言っていただけたり。フロントソリューション部に来てからは、自分の提案で新しい仕組みを入れたらそれがそのまま売上につながるので、よりやりがいを感じています。会計の時は保守契約の中で仕事をする分自分の成果がなかなか見えにくい部分もあったので。

小林 万輝
小林 万輝

リーダーとして、後輩に負荷をかけたくない。

仕事の大変さ、難しさは何ですか?

新しい技術を取り入れていく仕事なので、その効果をお客様に対してどう証明するのかという部分は難しいですね。既存のオペレーションを変えたくないという要望もあるので、お客様との距離が近い会社ということもあり、そういった点の調整は大変だったりします。

仕事で大切にしている事は何ですか?

今のフロントソリューション部に来てから初めてリーダーというポジションについたため、メンバーにどう指示していくのかという部分は難しいです。後輩に負荷をかけたくないと思っています。皆が忙しくしていると自分自身も帰りづらいですし…。上から任された仕事を後輩に振りさばいていくという立場なので、少ない人数でどう案件を上手く回していくかをいつも考えています。

メリハリがあって楽しい会社。

社風について教えてください。

楽しい会社ですよね。真剣な時は真剣だけど、遊ぶ時は遊ぶ。メリハリがあります。特に今の部署に来てからは、展示会に行った後など社内の方と飲みに行ったりすることも増えました。人数がまだ少ないこともあり社員全員のことを知っているので、皆との距離が近いことも魅力です。

今後の目標を教えてください。

会社として、何かで一番を取りたいですね。日本で初めてのサービスを作れたりしたら面白いなと考えています。フロントソリューション部という新しいことに挑戦していける場所に居るので、どんどん成長していきたいです。

小林 万輝

皆様からのご応募、心よりお待ちしております。

ENTRY