社員の声voice

直井 亮祐Naoi Ryosuke

2013年入社 経済学部 第1ソリューション部

入社動機について教えてください
IT業界を目指す大きなきっかけは学生時代のアルバイトです。当時、接客のアルバイトをしており、技術的な仕事にはまったく触れたことがありませんでした。しかし、一緒に働いていた理系出身のアルバイトの方はExcelのマクロの仕組みや関数の書き方などに詳しく、それがちょっと悔しかったんですね。それが技術職に興味を持つきっかけでした。

ABシステムソリューションに入社した決め手は充実した研修制度です。入社してすぐに現場に入って学ぶ方法もありますが、私は基本的な知識を持っていなかったので、まずはじっくりと学べる会社を探していました。ABシステムソリューションは入社後すぐに外部の研修機関で技術の基本知識を学んでから現場に入れるので、頑張れば他の人たちと同じように技術を身に着けられるのではないかと思い、入社を決意しました。
仕事内容を教えてください
国内の車検関連のシステム保守とオートバックスセブンの国内外店舗向けのシステム開発や導入サポートを担当しています。

車検システムに関しては、既存のパッケージソフトをオートバックスセブンの業態で活用できるようカスタマイズを行います。また、そのためのプログラム開発やユーザーの要望をヒアリングし、それをかなえるための提案を行っていきます。

また、店舗向けシステムでは海外店舗の方からのお問い合わせに回答したり、車検システムと同様にユーザーの要望を取りまとめ、次の開発にどう活かせるか提案していき、実際の開発も行っています。
仕事の大変さ、難しさは何ですか?
システム開発は、事前にお客様から様々な要望をいただき、それを取りまとめるところから始まります。実際に開発作業に着手してからも何度も打合せを繰り返し、内容を擦り合わせてやっと完成します。しかし、その過程や完成した後にお客様の構想が変わり、修正していくことも多々あります。その際、どの要望を優先的に対応していくのか、費用はどうするのかなどの判断をお客様と開発メンバーの間に立って行います。その兼ね合いを上手く調整していくのが難しいですね。
仕事のやりがい、楽しさは何ですか?
自分の成長を実感できるときです。普段の仕事でもお客様の要望に即時対応できたり、今までできなかった部分ができるようになると、成長を実感できますし、そうするとお客様からも「ありがとう、次回も頼むよ」と声をかけていただけるようになります。

ABシステムソリューションは入社後の研修以外にも教育制度が充実しており、例えば、外部の研修に参加することもできます。私も先週、Amazonが提供しているネットワーク(AWS)の外部研修に参加してきました。自発的に行動すればしっかりとサポートしてくださるので、より一層、やりがいがあります。
社風について教えてください
事業内容やオフィス環境も魅力ですが、ABシステムソリューションで働く人たちが会社の一番の魅力だと思います。

社員同士の仲がとても良く、風通しの良い会社です。もちろん、最低限の上下関係や礼節は大切ですが、先輩や上司の方々は後輩や部下に対して親身になって考えてくださります。後輩や部下たちは素直な方ばかりです。
将来のビジョンを教えてください
将来は活躍の場を海外に広げていきたいと考えています。これまで1度だけ、システムを導入する際に海外出張へ行ったことがあります。現地でシステムの使い方を説明していると、新たな要望が次々と出てきます。そういった要望は一度持ち帰り、二次開発の会議で議論していくのですが、ゆくゆくは海外店舗向けのコンサルティング事業を確立していきたいですね。

今はまだ、国内店舗がメインなのでそれほど数は多くありませんが、今後、海外進出の勢いがついた際に自分が中心となって活躍できるよう、今は現場でスキルを磨いていきたいと思っています。

前のページへ戻る

  • 塚本 直輝Tsukamoto Naoki

    2015年入社 生産学部
    第2ソリューション部

  • 赤津 和Akatsu Ai

    2015年入社 社会学部
    第2ソリューション部

  • 山崎 達哉Yamazaki Tatsuya

    2012年入社 工学部
    第1ソリューション部

  • 直井 亮祐Naoi Ryosuke

    2013年入社 経済学部
    第1ソリューション部

  • 小林 万輝Kobayashi Kazuki

    2013年入社 理工学研究科
    第2ソリューション部

  • 大井 かおりOoi Kaori

    2015年入社 経営学部
    第1ソリューション部

  • 五月女 彩Soutome Aya

    2014年入社 環境情報学部
    第2ソリューション部

  • 松澤 健太Matsuzawa Kenta

    2010年入社 情報数理学部
    第2ソリューション部