代表からのご挨拶greeting

常に最高水準のITサービスで、お客様から感謝される企業へ

2002年、当社は株式会社オートバックスセブンの情報システム部門の強化を目的に設立されました。

2009年に富士通株式会社と株式会社オートバックスセブンとの合弁企業となり、オートバックスグループのIT戦略を支えています。(出資比 富士通85.1%、オートバックスセブン14.9%)

IT業界は技術の変化や革新が瞬く間に生じます。常に最新技術の動向をキャッチアップし、自分たちのシステムに取り入れていかなければなりません。そのためには、絶え間なく知識やノウハウを身に着けていく必要があります。

当社は富士通グループが持つIT技術はもちろん、教育制度や評価制度も導入し、常に最新の知識や技術を修得できる環境を整えています。

入社直後の新人研修はもちろん、富士通グループ企業の一員として当社でキャリアを積んでいく中で、充実した制度のもと、目的に応じた研修を適宜実施しております。

また、当社はお客様と要件を定めていく上流工程からシステム開発を行っております。従って単にプログラム技術に長けていた人材がいればそれで済むというわけではありません。当初は漠然としたところから、お客様の課題解決に繋がるソリューションを形成するプロセスを理解し、実行していかなければ本来の価値は生まれません。

常にお客様の真のニーズに応え、誰からも感謝される水準のサービスを提供していくことこそ、当社が目指す姿であり、ミッションです。

当社に入社される方々には、様々なことに疑問を持ち、好奇心を抱き、強い探求心を持って活躍していただきたいと思っています。その先に、お客様の課題をIT技術を活かして解決し、より良いサービスを実現できる当社の価値が存在するのです。

代表取締役 小貫 喜和

前のページへ戻る